あふれるほどの情熱を

V6のおはなしと、大学生活

ご無沙汰しております!

受験勉強が本格化し、しばらくブログを放置していた。

1月半ばに、センター試験があった。
目標を達成して無事志望校に出願できたので、今は二次試験に向けての勉強だ。

センター試験は、やればやるだけ成果が出る。どの教科も、出題傾向がハッキリしているし、過去問から同じ選択肢が出ることもあるので、努力に比例して点数が伸びるのだ。
対して、二次試験のような勉強は、一朝一夕には効果が上がらない。勉強法があっているのかも分からない。
全く質の違うテスト勉強をして、センター試験の後の切り替えの重要さを実感する日々だ。

ちなみに、センター試験はあと数年で廃止されるらしいが…記述式一次試験は本当にセンターよりいいのだろうか。記述式になるとはいえ、受験者数はセンター試験と変わらないだろうから、二次形式のテストにすれば採点側に負担がかかるし、それを軽減すれば記述式にした意味がなくなる。
マーク式には限界があるかもしれないが、センター試験のマークだって、考えて解かなければ正解しない(当たり前)。
大変なのは、転換期の高校生だろう。長期間採用していられる、いい受験システムを早く構築してくれることを願う。

話が逸れた。
春から、私は大学生か予備校生になる(もちろん希望は前者だ)。
このブログは、V6のことを中心に、と思って始めたが、どちらになったとしても、今よりV6に触れられる時間は短くなることが予想される。
そして、最近は高校生活についての記事がメインになっていたことも踏まえて、これからは、V6についてと、大学生活(or予備校生活)についての2つの記事を軸に、書いていこうと思う。たまに他のことも書くかもしれないが…。
V6のことだけ読みたい方には、関係ない記事も更新されてしまい、迷惑かもしれないが、ご容赦ください。

それでは、春にまた更新します。