あふれるほどの情熱を

V6のおはなしと、大学生活

学生の、学生による、学生のためのV6学生応援歌


V6の代表的なバラエティーに「学校へ行こう」がある。11年間放送され、昨年特番として復活もした。私が小学生の時に終了してしまったのでリアルタイムで当時見たことはなかったが、2015年版は見ることができたし、過去の放送もいくつか見た。

まず心に浮かんだ感想は「当時の学生、羨ましい」だった。こんなに学生に焦点を当てた番組は、今はないだろう。

TOKIOがアウトドア派アイドルなら、V6は学生派アイドルと言っても過言ではないと思う。

そんなV6を、私は学生という立場から応援できることがとても嬉しい。


私なりに、V6のオススメ学生応援ソングをまとめてみた。私が勝手に学生応援と解釈しているものもあるので、あしからず。


シングル編


HONEY BEAT…受験生応援ソングの代表。PVではV6が学生服を着て踊っている。私はテスト前、必ずこれを聴いている。


over…カミセンのドラマ「pu-pu-pu-」の主題歌。このドラマは大学受験に失敗した3人(カミセン)がやりたいことを見つけていく物語だ。夢を見つけられなかったり、思うように物事がうまくいかなかったり…と、学生なら絶対に共感できるところがあると思う。本当に良いドラマだ。ちょっと落ち込んだり、進路に悩んだりする時にオススメ。


太陽の当たる場所…本当に自分の進路が正しいのか?と悩んだ時、頑張らなきゃいけないのは分かってるのに中々頑張れない時に聴きたい曲。学生の応援歌であるのはもちろん、昔学生だった人が聴いても、きっと良い曲だと思ってくれるだろう。今の6人が歌うことでそれがよく分かる。20周年ライブでの映像も良い。


Feel Your Breeze…「いつか想像してた未来と今が少し違っていたって」という歌詞が心に沁みる。夢が思い通りにならないこともある。夢は、それに向かって努力できることが大切なんだ、と思わせてくれ一曲だ。


アルバム・カップリング編


catch…早稲アカCMソングなので、良い意味でもろに受験生応援歌である。歌詞も聴くとスッと頭に入ってくる感じだ。HONEY BEAT同様、私のテスト前ソングでもある。


Rainbow…2007年のコンサートでは6人が客席近くに行き、七色の巨大なリボンのようなものを天井まで届かせるという演出で、ビジュアルにも良い。


蜃気楼…学生に勉強は付き物。勉強に順位は付き物。数字ではっきり出てくるからこそ落ち込むことも多い。そんな時にそっと背中を押してくれるのがこの曲だ。


やってやろうぜBaby…勉強、恋愛…何でも、若さの限りがむしゃらにやってみよう、という気分になる。間奏が洋楽みたいでかっこいい。


トニカミ編


スタートライン…これを歌っていたトニセンはすでに30代だが、違和感なく歌詞が伝わるのはトニセンのどこまでも伸びていく素直な声色だからだろうか。晴れやかな気分にさせてくれる。スキマスイッチ大橋さんの提供曲だ。


INNOCENCE…トニセンは、こういうミディアムテンポで声がよく伸び、懐古的な雰囲気を持つ曲を歌うと素晴らしいと思う。これは、もしかしたら現学生より元学生の人の方がグッと来るものがあるのかもしれない。


ファイト…2009年のカミコンのラストの曲でもある。カミセン3人も思いを込めてくれたのが伺える。勉強だけでなく、何かで落ち込んだ時はぜひ聞いてみてほしい。


BREAKTHROUGH…カミセン曲特有のキャラメルボイス感は薄いが、それが曲調に合っている。初夏のような清々しい気持ちになる。


私がよく聴く学生応援ソングはこんな感じだ。でも、V6にはもっとたくさん、良い曲がある。きっと皆さんそれぞれにとっての曲があるのだと思う。

もしここに載っているもの以外で学生応援ソングがあればコメントにて教えて頂けると嬉しいです。