あふれるほどの情熱を

V6のおはなしと、大学生活

今更ながらの新曲感想

6/10に中間テストが終わり、翌日は模試。そしてすぐに、学校祭の準備が始まった。高校最後なので、みんな気合が入ってる。私は部長をやっているので、特に部活の展示準備に勤しむ毎日だった。(迫り来る模試の中、こんなに一生懸命学祭に取り組んで、3月には当たり前のように某有名大学に合格した先輩方を心から尊敬する)

そんな感じだったので、新曲を聴きこむまで時間がかかってしまった。私は曲でも何でも、感情がジワるタイプなのでこんなに遅くなってしまった。


今更かよと思うかもしれませんが、お付き合いいただけると幸いです。



1.Beautiful World


雑誌でもメンバーが言っていたが、歌の風景がまざまざと浮かんでくる。初めて聴いたのは朝の登校時だったのだが、ちょうど空が晴れ渡っていて、まさに歌のイメージどおりだった。

MVも、柔らかい優しさに溢れていて、何より6人がとても幸せそうで、観ているこっちまで幸せにさせられた。(V6が幸せなことがファンの幸せなんだなぁ、と改めて思った)

恋がしたくなる。

友達と笑い合いたくなる。

家族に訳もなくありがとうを言いたくなる。

そんな、幸せを届けてくれる歌だ。

最後のあたりの井ノ原さん→坂本さんのソロが、それぞれ包み込むような優しさを含んだ声、青空に響き渡るような声で、私のお気に入りの部分だ。

秦基博さんの歌は、ひまわりの約束しか聞いたことがないので、秦さんらしいのかどうかは分からない。でも、こういう歌を書く人なら、もっと秦さんの歌も聴いてみたいと思った。



2.by your side 


聞いているだけで幸せな歌。こんな恋愛してみたい〜、と思う。残念ながら深く解説するほどの恋愛経験に乏しいため、内容を膨らませられないが、好きなことは本当だ。王道アイドルソングを歌う平均年齢39歳のおじさんたちがカッコいい。大人の魅力はどこからでもダダ漏れだ。

初回盤についてたMVみたいなもの(正式名称忘れました)を見た。beautiful worldがダンス中心なのに対して、顔をじっくり拝めるところがいい。三宅さんの影響で手話を始めたので、彼の手話を見れて満足。


3.不惑


洗練されたメロディーにのせた泥臭い歌詞が最高だ。

by your side以上にシチュエーション的に縁がないが、自分を鼓舞するという点については大いに感情移入できる。満ち足りているはずなのに、そこはかとない不安がいつも感じられる、というのは不惑の年だけに当てはまることではないだろう。そういう不安を上手く消化させるような曲だ。きっとこの曲で、トニセンは同世代の特に男性から高い評価を得られるのでは、と思った。

井ノ原さんの乾いた声が曲に合っている。the pillows (日本のバンド。V6のシュガーナイトメアの楽曲を提供した)にちょっとに似てる。

私的聴き方は、nostalgie&不惑、エンドレスリピートである。


4.テレパシー


本シングル個人的ベスト。

三宅さんのソロ「夕暮れオレンジ」を思い出した。

好きな人を想定した歌詞なのだろう。でも私にとっては卒業を思わせた。もちろんこれは全くの勝手な解釈である。私は高校3年なのでそう感じたのかもしれない。

話が逸れてしまうが、中学から高校は学校が変わっても大まかなシステムは変わらないのに対し、高校から大学は大きく変化すると思う。HR教室があって、クラスメイトがいて。高校卒業の時に、小学校から12年近く慣れ親しんできたシステムから離れなければならない。その切なさとこの曲がリンクしたように感じた。受験に気を取られがちな高校3年だが、それ以上に今この時を精一杯楽しまなきゃなぁ。

話を元に戻す。

森田さんの、「今会いに行けば」と「だけどバイバイしなきゃ」の歌い方がものすごくいい。ぜひぜひ、イヤホンをして大音量で集中聴きすることをお勧めする。

さらに、インストバージョンも秀逸だ。歌に気を取られて聴けなかった部分もよく聴ける。インストだけでも切なくて泣ける。

けれどもこの曲の一番いいところは、切なさだけで終わらないところだ。歌詞自体がそうだという訳ではない。むしろ「バイバイ」しているというのに、曲調か、歌声か、何かが別れの切なさに前向きさも載せている、気がする。だからこそ何度でも聴きたくなる。

いい曲を選んだ森田さんと三宅さんに感謝!(何かの雑誌で岡田さんが仕事でいなかったため2人が選んだ形になったとあった)


追記…前記事から最初の段落だけ文字が大きくなってしまっていますが、深い意味はありません。全部同じようにしているはずなのに、なぜかそう表示されてしまうんです。電子機器に不慣れなので、修正方法が分からないのでそのままにしておきます。見づらかったらごめんなさい。

6回に分けてメンバー1人ひとりについて語る回 第2回 長野博

森田さんにはしゃべくりで好きだといわれ、岡田さんにはケツを求められ(笑)、長野くんは世界の優しいの基準だと言わしめるほどの優しさを持つ長野博氏。人当たりのよさはTVの向こうにいても伝わる。きっとV6結成当初からその優しさは変わっていないのだろうし、だからこそカミセンも長野さんに懐いたのだろう。

長野さんの優しさは、メンバーも言っているが、母親のようだ。一歩引いたところから微笑みながら見つめ、必要とあらば手助けする。坂本さんとはよく夫婦に例えられるが、坂本さんが剛(森田さんの名前ではなく)の優しさだとしたら、長野さんは柔の優しさであるところが、まさに夫婦。

実は今まであまり長野さんについて詳しくなかった。メンバーも言うが、ミステリアスな感じがあるので、グルメ以外のイメージを持っていなかった。だから最近長野さんに注目して雑誌記事を読み返したのだが、その時「長野さんってV6の中で一番顔整ってるんじゃない⁉︎」と思い至った。非の打ち所がない、とでも言うべきか、端正そのものだ。

そしてその端正な顔からたまに飛び出す毒舌もいい。私の主観として、毒舌が似合うのはいかにもキツそうな人よりも長野さんのように穏やかな人というイメージがある。柔和さだけでないところがいいのかな?よく分からないけれど、とにかく長野さんの毒舌が出るとよっしゃ、と思う。


…しかし、あんなに品行方正そうなジュニア時代にどうしてセカンドバッグマサと仲良しになれたんだろうか?漫画の設定みたいだ。


長野さんの声を聴くなら、の曲


HONEY


トニセンの曲で、20周年コンサートでもやっていた。「そんな俺のワガママを」という部分のソロが大好きだ。見た目からして一人称が僕の長野さんが俺って言うだけでギャップがいい。


旅立ちの翼 ROCK Version 


岡田さんと歌っている。元曲はポップなのだが、それをアレンジしたカップリングのうちの一曲だ。中央アジアみたいな前奏も素敵だ。長野さんはふんわり甘い声なのに、頑張ってロックらしくしているところがなんとも言えない。


結論。長野さんに関して私のツボポイントは「ギャップ」だ!

18歳以上の責任と義務

※今回はV6とまったく関係がないです。


7月の参議院選挙の期日前投票に行ってきた。

私は投票日までに18歳になるので、選挙権が与えられたのだ。


私の周りの人たちは、選挙権なんていらない、面倒くさい、と言っている。ある意味、当たり前かもしれないと思う。清き一票と言うが、実際に自分の票で政治が変わるとは思えない。時間を削って投票しなければならない。目に見えるメリットがない。確かに、選挙は面倒くさい、のかもしれない。


選挙があるのは当たり前ではない。今現在多くの国で行われているから当然のように思えるかもしれないが、それは歴史の結果であるだけだ。私は高校で世界史を選択している。そもそも昔は王政が当たり前で、特に絶対王政の時代なんて王の意思で国が動いていた。議会のある国もあったが、立場としては王より下位にあって、解散させられたりもした。それが、イギリスで市民革命が起こり、徐々に議会の権利が認められるようになった。それらひとえに、当時の人々が戦ったおかげだと思う。さらに、選挙自体も当初選挙権は納税額により制限され、しかも男子だけだった。日本について言えば、女性が選挙権を持ったのは1945年。まだ51年しか経っていない。私の祖母は人生の途中から持ち始めたことになる。

生まれた時から周りで選挙があって、この先死ぬまで行われていくんだろうと思っている人が多いに違いない。でもある日突然選挙が無くなることを想像してほしい。そんなことある訳ない?でも、きっと昔のイギリス人は絶対王政が崩れることなんてある訳ないと思っていただろう。数百年経っても人間の本質は同じ。「ある日突然」は、「歴史の転換期」は、絶対ないという保証はない。繰り返しになるが今の世の中は歴史の結果であって、流動的なものだ。選挙は当たり前じゃない。

大きな話になってしまったが、結局何が言いたいかというと、選挙のある時代に生まれた人間の責任として、議会や選挙というしくみが当たり前ではなく、過去の人々の努力によって獲得されたということを心に留めておくべきだ、ということだ。


今の若者は政治に興味無いとよく言われる。実際、「面倒くさい。どうせ何も変わらない」という声を聞く。

けれど、「何も変わらないから投票しない」のではなく、「何も変わらなくても投票する」ことには出来ませんか?

投票にかかる時間を多く見積もっても10分。

この10分のために、ちょっとだけどんな候補者がいて、どんな考えを持っているか知ってみませんか?そうすれば、その10分は時間以上に価値のある10分になる。


人間が政治に興味無くなることは、平和の象徴だという。確かに私たちは平和な国に生きている。国に不安を覚えないから興味も薄れる。でも、どんな時代であれ、政治参加は私たちの義務だ。

平和な時代だからこそ、政治に目を向けよう。

私たちは未来に責任があり、未来に結果を残す義務がある。そして何より、幸運なことに、未来を選択する権利を持っているのだ。


長文になってしまい失礼しました。拙くまとまりない文でごめんなさい。


※この文章は特定の政治団体や思想を応援するものではありません。

6回に分けて、メンバー1人ひとりについて語る回 第1回 坂本昌行

坂本さんはデビュー当時24歳だった。いきなりひとまわり離れたガキンチョ(=カミセン)たちを任せられ、背負い込んで頑張りすぎて空回り。カミセンにもやや疎まれていたが、今はV6のお父さんとして時にイジられるも、その根底には敬意がうかがえる。

いきなり集められた6人をまとめるのはさぞかし大変だったことだろう。本人も語っているが、彼は末っ子だったため、リーダー的存在が得意ではなかったらしい。けれど、坂本さんが指導したカミセン3人は、外で賞賛される人間になった。坂本さんがまとめ上げたV6は、20周年には先輩、後輩からたくさんの祝福を受けるグループになった。坂本さんは決してリーダーに不向きな人間ではない。

カミセンはよく、「昔、坂本くんは厳しかった」とテレビで言うが、それはもう不満ではないことが明白だ。むしろ坂本さんへの感謝さえ感じられる。


ミュージカルといえばマサ。歌のうまさは折り紙付きだ。坂本さんの声は、とにかくビブラートがすごい。本人はポップスの歌唱法ではないんだけど、と述べていたが、坂本さんのミュージカル調の声があることによってV6として歌える曲の幅は広くなっているのだろう。V6のお父さんという立場同様、歌においても主軸となり他5人を支える大黒柱だ。


以下、坂本さんの声を聞くなら、の曲


shelter…言わずもがなのマサ代表曲。坂本さんはバラードに強いイメージだけど、これはハードめで、声のかすれ具合がいい。


kEEP oN. …私は坂本さんの舞台を見たことはないが、きっとこんな風に生き生きとしているんだろうな、と思える。これは曲をじっくり聴くことと、TVやMVなどのビジュアルを見ることの両方をお勧めしたい。



今後、別の記事もはさみながら6人分制覇していく予定です。

学生の、学生による、学生のためのV6学生応援歌


V6の代表的なバラエティーに「学校へ行こう」がある。11年間放送され、昨年特番として復活もした。私が小学生の時に終了してしまったのでリアルタイムで当時見たことはなかったが、2015年版は見ることができたし、過去の放送もいくつか見た。

まず心に浮かんだ感想は「当時の学生、羨ましい」だった。こんなに学生に焦点を当てた番組は、今はないだろう。

TOKIOがアウトドア派アイドルなら、V6は学生派アイドルと言っても過言ではないと思う。

そんなV6を、私は学生という立場から応援できることがとても嬉しい。


私なりに、V6のオススメ学生応援ソングをまとめてみた。私が勝手に学生応援と解釈しているものもあるので、あしからず。


シングル編


HONEY BEAT…受験生応援ソングの代表。PVではV6が学生服を着て踊っている。私はテスト前、必ずこれを聴いている。


over…カミセンのドラマ「pu-pu-pu-」の主題歌。このドラマは大学受験に失敗した3人(カミセン)がやりたいことを見つけていく物語だ。夢を見つけられなかったり、思うように物事がうまくいかなかったり…と、学生なら絶対に共感できるところがあると思う。本当に良いドラマだ。ちょっと落ち込んだり、進路に悩んだりする時にオススメ。


太陽の当たる場所…本当に自分の進路が正しいのか?と悩んだ時、頑張らなきゃいけないのは分かってるのに中々頑張れない時に聴きたい曲。学生の応援歌であるのはもちろん、昔学生だった人が聴いても、きっと良い曲だと思ってくれるだろう。今の6人が歌うことでそれがよく分かる。20周年ライブでの映像も良い。


Feel Your Breeze…「いつか想像してた未来と今が少し違っていたって」という歌詞が心に沁みる。夢が思い通りにならないこともある。夢は、それに向かって努力できることが大切なんだ、と思わせてくれ一曲だ。


アルバム・カップリング編


catch…早稲アカCMソングなので、良い意味でもろに受験生応援歌である。歌詞も聴くとスッと頭に入ってくる感じだ。HONEY BEAT同様、私のテスト前ソングでもある。


Rainbow…2007年のコンサートでは6人が客席近くに行き、七色の巨大なリボンのようなものを天井まで届かせるという演出で、ビジュアルにも良い。


蜃気楼…学生に勉強は付き物。勉強に順位は付き物。数字ではっきり出てくるからこそ落ち込むことも多い。そんな時にそっと背中を押してくれるのがこの曲だ。


やってやろうぜBaby…勉強、恋愛…何でも、若さの限りがむしゃらにやってみよう、という気分になる。間奏が洋楽みたいでかっこいい。


トニカミ編


スタートライン…これを歌っていたトニセンはすでに30代だが、違和感なく歌詞が伝わるのはトニセンのどこまでも伸びていく素直な声色だからだろうか。晴れやかな気分にさせてくれる。スキマスイッチ大橋さんの提供曲だ。


INNOCENCE…トニセンは、こういうミディアムテンポで声がよく伸び、懐古的な雰囲気を持つ曲を歌うと素晴らしいと思う。これは、もしかしたら現学生より元学生の人の方がグッと来るものがあるのかもしれない。


ファイト…2009年のカミコンのラストの曲でもある。カミセン3人も思いを込めてくれたのが伺える。勉強だけでなく、何かで落ち込んだ時はぜひ聞いてみてほしい。


BREAKTHROUGH…カミセン曲特有のキャラメルボイス感は薄いが、それが曲調に合っている。初夏のような清々しい気持ちになる。


私がよく聴く学生応援ソングはこんな感じだ。でも、V6にはもっとたくさん、良い曲がある。きっと皆さんそれぞれにとっての曲があるのだと思う。

もしここに載っているもの以外で学生応援ソングがあればコメントにて教えて頂けると嬉しいです。

なぜV6だったのか

ビジュアル良しの男性アーティストのグループはV6だけではない。嵐、関ジャニ、ジャンプ…、ジャニーズには数多くのグループが存在している。ジャニーズにこだわらなければ、EXILEや三代目、さらにはK-popアーティストなど、まさに星の数ほど、である。そんな中で、なぜV6が良かったのか。もちろん私が岡田さんを見たからV6を知ったのだけれど、それだけでは好きになるとは限らない。

現に他のグループのメンバーもたくさんテレビには出ている。その中から私が気になって、そして好きになったのがV6だった。

では、V6について、私のグッとくるポイントは何だったのか。


1、年齢

同級生男子とは友達になれる。でも、TVで同年代の男性を見ると、そこにいる彼らは同級生より格段に垢抜けている。(現実にありえないが、)もしこの人がクラスにいたら…と思うと、友達にはなれそうにない。

こんな思考回路を持っているせいで、私は(男性の場合)年上のタレントを好きになる傾向にある。

V6、平均年齢39歳。まさに私のツボだった。


2、歴史

前述したように私は年上が好きだが、年齢が上ほどその人やグループの歴史もある。

1995年11月1日、CDデビュー。W杯バレーのために結成されたため、面識のない人たちもいたらしく(岡田さんは大阪から出てきたばかりだったそうだ)ジャニーズとしては異例のことだった。坂本さんは最年長として責任を感じてカミセンに厳しく接していた。カミセンはそんな坂本さんを鬱陶しいと思うこともあっただろう。特に森田さんは、カミセン最年長としての意識もあったのだろうか、坂本さんと対立することが多かったと語っている。

デビュー当時は、バラバラの6人だった。

それが、20年たった今、6人はそれぞれの仕事を尊敬し合える、良いグループになっている。

私はその経過を直接見ていたわけではないが、それでも彼らの関係性を変えてきた20年という時間は、本当に尊かったのだと思う。

…私は、こういう歴史を感じられるものが大好きなのだ。それをWikipediaで調べるだけで感動できます(笑)


3、関係性とグループとしての能力

2、とも被るが、今の6人の関係性が良い。

これについては言葉で言い表すのがなかなか難しい。聴いたことがある方は分かるかもしれないが、SUPER Very bestに収録されている「〜此処から〜」の歌詞は正に体現しているものだと思う。

そして、6人はアーティストとしての能力も最高だ。

①ダンス〜アクロバットのクオリティはライブ映像でも見て取れるが、キレが良く、魅せる踊りをやっているな、と常々思っていた。印象としては、一糸乱れぬ6人揃った振りは勿論、一人一人に個性があり、飽きさせない踊りだと感じる。

②歌〜声質に個性があり、グループで歌うメリットを最大限生かせている。岡田さんの甘めの声はラブソングに欠かせない。三宅さんの均質なキャラメルボイスは歌に無機的な雰囲気を持たせられる。森田さんは空気を多く含んだ声が、彼が今にも壊れてしまうんじゃないかと思うほど切ない。イノッチは曲調によって声の雰囲気を変える人で、私は個人的にスカリミのように張り上げ気味の時の声が好きだ。長野さんの声は優しさが前面に出ていて、温かい。坂本さんは正統派ミュージカルボイスで個性溢れる他5人の声をまとめ上げている。特に近年は楽曲自体も冒険していて、音楽に真剣に向き合っていることが伝わる。色々な歌を歌えるって、素晴らしい。

今のV6は、セクバニコンのステージのようだと思うことがある。センターステージから延びた6本の道の先にある小ステージ。小ステージで歌う6人が、センターステージに集まったとき、6人のパフォーマンスは6倍以上の素晴らしさになる。普段のソロ活動から得たものを持ってV6というセンターステージに集まった6人の発揮する力は、本当にすごい。

グループとしてセンターステージだけで仕事していた時には、おそらく持てなかったであろうポテンシャルがある。


以上が私にとってV6を好きになった理由だ。

プロローグ

0、ブログ開設のきっかけ


私はV6ファン歴1年ちょっとだ。V6ファンになるまでは、まさか自分がジャニーズファンになるとは思いもよらなかった。ジャニーズアンチという訳ではなく、単にそういうキャラではなかったのだ。小学校時代、嵐が絶大な人気を誇っていてクラスの女子の多くが嵐の曲の歌詞をノートに書いたり、誰が好きか言い合ったりしていた。そういうのが得意でなかった私は、ジャニーズが、というよりはジャニーズ好きの女子のテンションが苦手だったのである。

そんな私だったが、今や大のV6ファンになった。けれど三つ子の魂百までというように、中々V6についてを友人に話す気になれず、そのかわりに選んだのがブログという方法だ。自分の覚え書き的な要素が多くなるかもしれないが、もしも私のブログを見てV6っていいな、と思ってくれる人がいればと思い、公開ブログにした。


1、V6ファンになったきっかけ


徐々にファンになったので明確なきっかけは無いが、V6のメンバーを初めて見たのは岡田さん(岡田准一)の出ているSPだった。その時は岡田さんがジャニーズの人だとは知らなかったし、主題歌を歌うV6というグループも初めて見る名前だった。私は岡田さんのプチファンになったが、それは一過性のもので、ひと月もしないうちに忘れてしまった。その後も図書館戦争永遠の0を見て、その度にプチファンになる、という事が続いて、岡田さんは私にとって「割と好きな俳優」的な位置付けになった。しかしそんな位置付けの俳優・女優は多くの、またしばらく忘れ去ったのだった。

岡田さんが再び私の中でブームになったのは、高校に入った頃だ。スマホを使うようになり、寝る前にyoutubeで動画を見るのが日課になって、何となく「岡田准一」と検索して過去のバラエティーなどを見始めた。必然的にV6として出ていた動画を見ているうちに何となくメンバーの顔の区別がつくようになり…そして気がつくとファンになっていたのだ。


2、今…


岡田さんから入ったV6だが、実は岡田担ではない。V6が好きになってからずっと三宅さんが好きだった。もちろん今でも好きだ。けれど最近、森田さんが気になりだし、とうとう森田担になった。だから剛健コンビは大好物である。

(個々人の考察は後々書くことにする)

とは言いつつ、結局はグループ推し、6人でいるところを見るのが大好きだ。