あふれるほどの情熱を

V6のおはなしと、大学生活

パラリンピックを終えて

パラリンピックが終わった。V6ファンの人の多くはNHKの番組を見たことだろう。

パラリンピック開催期間中、障がい者への態度について考えたことがある。

 

私が通っていた小学校には障がい者学級があった。私は週一回掃除当番でそのクラスの子たちと一緒に掃除をしていた。まだ小学生だった私は、彼らの障がいがどのようなもので、どう配慮したらよいか分からないまま、特に何をする訳でもなく普通に接していた気がする。学校が求めていた健常者の児童の取るべき行動は、きっと健常者の友人と同じように接することだったのだろうが、今思い返すと私はそれだけではいけなかったと思う。

障がいがあっても無くても、みんな同じ。この考えはもちろん絶対的に正しい。ただ、これを無条件に振りかざすのはどうなのかな、と思うことがある。

 私は、違いを認めた上でそれを差別の原因としない意識を持つことの方が大切だと思う。

 

獣の奏者、という本を読んだことがあるだろうか。上橋菜穂子さんのファンタジーだ。本筋とは全く関係がないが、私がハッとさせられた部分がある。

 

主人公のエリンは、民衆にとけ込まず山間部で暮らす"霧の民"の特徴である緑色の瞳をしていることで、幼少期から奇異の目で見られることがあった。やがてエリンが獣医師の学校に入って出会った、寮の相部屋の女学生ユーヤンのセリフが以下である。

 

「エサル師は、あんたが霧の民の血をひいとることは無視せぇって、おっしゃったけど、それは無理やんなぁ? ちがうところがあったら、気になるんが、人ってもんやん。わたしはなぁ、無視するんじゃなくて、その違いを、勝手に悪い意味にとるような、くだらんまねはせんって、はっきり伝えることのほうがずっと大事だと思うん」

 (獣の奏者 I 闘蛇編   上橋菜穂子 著   講談社)

 

障がいも個性、と言われて久しい。しかし、障がいを理解する姿勢のないまま障がい者と接することは、本当に障がいを個性と認めることになるのだろうか。
障がい者を差別することと、違いを認めて対応することは、全くの別物だ。けれどもそれを明確に区別することは難しい。だからこそ、ある意味「みんな同じ」の精神は、差別防止のための一番簡単な方法なのだろう。

 

パラリンピック障がい者のスポーツの祭典で、オリンピックと別に開催されている。けれどそのことが障がい者差別だとは誰も思わない。

仮に障がい者もオリンピックとて行われていたとする。おそらく障がい者も健常者と同じく挑戦していて偉い、と賞賛されていただろう。けれど、スポーツ分野で健常者と完全に同条件であることは、本当に障がい者のことを考えていることになるだろうか。障がいという、身体的・精神的特徴を無視することにならないだろうか。

 

私が言いたいのはこういうことなのだ。

 

小学生のうちに、障がい者と接して、差別しないための平等精神を感覚的に学ぶことは大切だ。けれど、それだけで終わってはいけないと思う。より高度な配慮をするために知識として知ること 、そしてそのことで差別しないという意識を持つこと、これが必要なのではないだろうか。

 

 

 

三宅さんがパラリンピックのナビゲーターを務めたことで、障がいそのものに目を向ける機会ができたと思う。私達に出来るのは、それをパラリンピック期間だけではなく、これからも続けることだ。みんなの手話で聴覚障がい者の特集を見る。地域のイベントに参加する。できることはたくさんあるだろう。

V6ファンは幸運にも、三宅さんを通して障がいに興味を持つきっかけを得られた。この風潮がこのまま続けばいいな、と思う。

SMAPのこと。

SMAP解散、と初めて知ったのは、はてなブログの記事だった。その時はあまり実感が湧かなかった。SMAPといえばジャニーズに疎くても知ってるような国民的グループで、日本の現代芸能文化の一端を担ってきた人たちだ。そのSMAPが解散するなんて、まるで日本政府がなくなります、と言われるのに近いような、あまりに信じ難くて受け止められないことだった。
最近の色々は表面的なことしか知らないから、詳しい経緯は分からないので、もしかしたらこれを読んで気分を害される方がいるかもしれませんが、どうぞお許しください。

ジャニーズ関係をネットで検索しているとどうしても引っかかってしまう、派閥という言葉。初めて知った時に、興ざめだ、と思った。確かにアイドルの華やかさを支えているのは地道なマネジメントだと思うし、商売として成り立っている以上利害関係や対立があるのは仕方がない。だけど、そういう生臭い話がネットで囁かれるほどに表面化するのはどうよ、と思う。真偽のほどは分からないが、共演NGなグループ同士もあると聞くけれど、内部事情を公共の場に持ち込みすぎではないだろうか。会社のあの部署とここは仲が悪いので絶対に共同で仕事はしないんですよ、と部外者に公言しているのと同じことだ。正直みっともないと思う。第一、エンターテイメントを提供する会社が自らゴシップを提供しているなんて皮肉にもほどがある。(そういうのも含めてジャニーズが好きな人もいるのかもしれないけれど…。)清廉潔白な事務所になれとは言わないから、せめて人知れずひっそりとやってほしい。
一ファンとして言わせてもらうなら、派閥なんかにとらわれず色々なところにたくさん出てほしい。先輩・後輩含め、多くの人たちと絡んでほしい。ただそれだけなのだ。

今回の騒動に果たしてどれだけ事務所政治が関係しているのか分からないが、もしそれが原因でメンバーにとって不本意な結果になっているのなら本当に悲しい。ファンにとって一番大切なのは、自分の好きな人たちが幸せであることだ。ジャニーズのファンになってまだ2年未満のド新規が何を言うかと思われるかもしれないけれど、そのことだけは自信持って言える。

私の部活仲間にSMAPのファンがいる。小学生の時からファンで、ずっとファンクラブに入りたくて、高校に合格してやっと入会したそうだ。「会費振り込んだから今金欠なんだ」と言いながら笑っていた彼女は、とても幸せそうだった。部活の作業の時には、みんなが知ってそうなSMAPかけるね!と言って曲をかけてくれた。

ファンだけじゃない、皆の中にSMAPがいる。
中学の音楽の愛唱歌集に、ジャニーズで唯一曲が入っていたのはSMAPだった。
幼稚園の時プレゼントを買ってもらっ近所のおもちゃ屋さんでずっと流れていたのは、世界に一つだけの花だった。私が生まれて初めて聞いたジャニーズの曲だ。

たくさんの人がSMAPを知っていて、支えている。解散のニュースが流れて悲しむ人の多さで、どれだけSMAPが浸透していたかが分かった。

しかし、現実は厳しいものだ。
アイドルにとって、ファンは必要条件ではあるけれど、十分条件ではない。バックアップする事務所と彼らを好きでいる人々がいて初めて成り立つのだ、と改めて思った。
残念ながら、実質私たちに出来ることはわずかしかない。CDを買ったり、出演番組を見たり。

そんな微力な応援だけれど、ファンの力は時に驚くほどのものになったりする。
世界に一つだけの花の購買運動があったらしい。
この運動は特に心理的な意味でSMAPの支えになったのではないだろうか。
音源の入手という目的でなくCDを買うなんて、初めてかもしれない。ファンがSMAPのことを本当に好きなんだと、メンバーに伝わったと思う。

どう締めていいのか分からなくなってしまったので、最後に一言。
ファンの皆さんの気持ちは絶対に届いていると思います。

改めてV6に思うこと

早いもので、ベストアルバム「SUPER Very best」が発売されてから1年が経つ。思えば、アルバム発売からどんどん20周年感が漂ってきたような気がする。あれがフィーバーの始まりの合図だった。

私は割と新規ファンなので、それまでの活動の少なさを実際にはあまり経験していないが、昔からのファンの方々にとっては、活動が増えるのは本当に嬉しいことだったのだろうと思う。

特典の合宿では、6人の中の良さが自然体で映し出されていて幸せにさせられたし、インタビューではメンバーの思いなどを改めて知った。


6人で作曲した「此処から」では、私は共に歩めなかったこれまでの年月に思いを馳せた。

それから夏の歌番組で「Wait for You」を歌うV6を見て、その歌詞から6人の未来を想像した。


8月には24時間テレビのパーソナリティを務めた。北海道在住の私は夏休みが明けていたため見られなかったが、それでもV6がファン以外の多くの人が見る番組に出たことの影響の大きさは感じ取れた。


そして、20周年コンサートが開幕。

DVDで見たが、これに関しては本当に感無量だった。

supernovaやAirで近年の大人の魅力を堪能し、39 Symphonyではシングルのメドレーを通してV6の20年間を感じた。


コンサートがオーラスを迎えてもまだ幸せは続いた。学校へ行こう!2015だ。次の日に高校に行くと、V6ファンではない友人が三宅さんの話をしていたり、クラスの男子がサオリとミホの話をしていたのが嬉しかった。


年末には紅白で井ノ原さんが司会を務め、V6としてはメドレーを歌い、さらにディズニーとコラボするという夢のような大晦日を過ごした。紅白の舞台でデビュー曲と代表曲を歌ってくれたことは最高に嬉しかった。平均年齢39歳のおじさんたちがミッキーたちと踊ってる!と謎の感動を覚えた。ちびっこ達にV6を知ってもらえたら幸いだ。そしてあさイチの司会の人=ジャニーズアイドルという事実をこの紅白で知った人も少なくはなかっただろう。全国の還暦越えファンも増えるかもしれない。


V6は家族、だとよく言われる。仲は良くても尊敬し合うところもある。だからこそ20年間続けられたのだろう。坂本さんは悩みながらもV6を牽引してくれているし、長野さんはいつも笑って見守ってくれる。井ノ原さんはトークで盛り上げてくれて、森田さんはハッとする一言で空気を引き締めてくれる。三宅さんはアイドルとしてのV6を愛してくれて、岡田さんは外でV6の認知に貢献してくれる。誰1人キャラは被らないのに、集まったらちゃんとV6を作ってくれる。去年からのV6フィーバーのなかで、このことを強く実感した。


20周年イヤーは本当に本当に幸せだった。V6ファンになって良かったと心から思った。坂本さんを、長野さんを、井ノ原さんを、森田さんを、三宅さんを、岡田さんを、好きになって本当に良かった。


奇しくも、「SUPER Very best」の発売からちょうど1年後の2016年7月29日に、ラブセンの終了が公表されたそうだ。他の方のブログでも、6人を見られるものが一つ減ってしまうという記事を拝読した。

私はその手の話題に特に詳しいわけではないが、ジャニーズ事務所は肖像権にとても厳しいと耳にする。スマホでスクショが当たり前の時代に、肖像権問題はかなり深刻になっているだろう。しかし、ラブセンでは多くの実写の写真が使用されているらしい。だから配信開始当時、驚きも大きかったと知った。きっと、ジャニーズ事務所が実写を許したのは、V6ファンはそれを守ると信じてくれたからではないだろうか。実際、試しに、ラブセン、と検索をかけてみても関係画像は一つも結果になかった。ファンを信じてくれた事務所と、そして信頼に応えてくれたプレイヤーの方々に感謝の気持ちでいっぱいである。


私の所感でしかないが、V6は新しいことに挑戦するアイドルだと思う。ラブセン然り、CDの購入特典然り、私たちの予想をはるかに超える手段でいつもファンを幸せにしてくれる。


ラブセンは終わるけれど、きっと別の形で幸せをくれると信じている。この終了が、新しい何かの始まりになることを願っています。


森田さんは、「みんながいるから頑張れた、みんながいるから頑張る」と言っていた。

この言葉を借りて宣言したい。


V6がいるから頑張れました。V6がいるから頑張ります。

今更ながらの新曲感想

6/10に中間テストが終わり、翌日は模試。そしてすぐに、学校祭の準備が始まった。高校最後なので、みんな気合が入ってる。私は部長をやっているので、特に部活の展示準備に勤しむ毎日だった。(迫り来る模試の中、こんなに一生懸命学祭に取り組んで、3月には当たり前のように某有名大学に合格した先輩方を心から尊敬する)

そんな感じだったので、新曲を聴きこむまで時間がかかってしまった。私は曲でも何でも、感情がジワるタイプなのでこんなに遅くなってしまった。


今更かよと思うかもしれませんが、お付き合いいただけると幸いです。



1.Beautiful World


雑誌でもメンバーが言っていたが、歌の風景がまざまざと浮かんでくる。初めて聴いたのは朝の登校時だったのだが、ちょうど空が晴れ渡っていて、まさに歌のイメージどおりだった。

MVも、柔らかい優しさに溢れていて、何より6人がとても幸せそうで、観ているこっちまで幸せにさせられた。(V6が幸せなことがファンの幸せなんだなぁ、と改めて思った)

恋がしたくなる。

友達と笑い合いたくなる。

家族に訳もなくありがとうを言いたくなる。

そんな、幸せを届けてくれる歌だ。

最後のあたりの井ノ原さん→坂本さんのソロが、それぞれ包み込むような優しさを含んだ声、青空に響き渡るような声で、私のお気に入りの部分だ。

秦基博さんの歌は、ひまわりの約束しか聞いたことがないので、秦さんらしいのかどうかは分からない。でも、こういう歌を書く人なら、もっと秦さんの歌も聴いてみたいと思った。



2.by your side 


聞いているだけで幸せな歌。こんな恋愛してみたい〜、と思う。残念ながら深く解説するほどの恋愛経験に乏しいため、内容を膨らませられないが、好きなことは本当だ。王道アイドルソングを歌う平均年齢39歳のおじさんたちがカッコいい。大人の魅力はどこからでもダダ漏れだ。

初回盤についてたMVみたいなもの(正式名称忘れました)を見た。beautiful worldがダンス中心なのに対して、顔をじっくり拝めるところがいい。三宅さんの影響で手話を始めたので、彼の手話を見れて満足。


3.不惑


洗練されたメロディーにのせた泥臭い歌詞が最高だ。

by your side以上にシチュエーション的に縁がないが、自分を鼓舞するという点については大いに感情移入できる。満ち足りているはずなのに、そこはかとない不安がいつも感じられる、というのは不惑の年だけに当てはまることではないだろう。そういう不安を上手く消化させるような曲だ。きっとこの曲で、トニセンは同世代の特に男性から高い評価を得られるのでは、と思った。

井ノ原さんの乾いた声が曲に合っている。the pillows (日本のバンド。V6のシュガーナイトメアの楽曲を提供した)にちょっとに似てる。

私的聴き方は、nostalgie&不惑、エンドレスリピートである。


4.テレパシー


本シングル個人的ベスト。

三宅さんのソロ「夕暮れオレンジ」を思い出した。

好きな人を想定した歌詞なのだろう。でも私にとっては卒業を思わせた。もちろんこれは全くの勝手な解釈である。私は高校3年なのでそう感じたのかもしれない。

話が逸れてしまうが、中学から高校は学校が変わっても大まかなシステムは変わらないのに対し、高校から大学は大きく変化すると思う。HR教室があって、クラスメイトがいて。高校卒業の時に、小学校から12年近く慣れ親しんできたシステムから離れなければならない。その切なさとこの曲がリンクしたように感じた。受験に気を取られがちな高校3年だが、それ以上に今この時を精一杯楽しまなきゃなぁ。

話を元に戻す。

森田さんの、「今会いに行けば」と「だけどバイバイしなきゃ」の歌い方がものすごくいい。ぜひぜひ、イヤホンをして大音量で集中聴きすることをお勧めする。

さらに、インストバージョンも秀逸だ。歌に気を取られて聴けなかった部分もよく聴ける。インストだけでも切なくて泣ける。

けれどもこの曲の一番いいところは、切なさだけで終わらないところだ。歌詞自体がそうだという訳ではない。むしろ「バイバイ」しているというのに、曲調か、歌声か、何かが別れの切なさに前向きさも載せている、気がする。だからこそ何度でも聴きたくなる。

いい曲を選んだ森田さんと三宅さんに感謝!(何かの雑誌で岡田さんが仕事でいなかったため2人が選んだ形になったとあった)


追記…前記事から最初の段落だけ文字が大きくなってしまっていますが、深い意味はありません。全部同じようにしているはずなのに、なぜかそう表示されてしまうんです。電子機器に不慣れなので、修正方法が分からないのでそのままにしておきます。見づらかったらごめんなさい。

6回に分けてメンバー1人ひとりについて語る回 第2回 長野博

森田さんにはしゃべくりで好きだといわれ、岡田さんにはケツを求められ(笑)、長野くんは世界の優しいの基準だと言わしめるほどの優しさを持つ長野博氏。人当たりのよさはTVの向こうにいても伝わる。きっとV6結成当初からその優しさは変わっていないのだろうし、だからこそカミセンも長野さんに懐いたのだろう。

長野さんの優しさは、メンバーも言っているが、母親のようだ。一歩引いたところから微笑みながら見つめ、必要とあらば手助けする。坂本さんとはよく夫婦に例えられるが、坂本さんが剛(森田さんの名前ではなく)の優しさだとしたら、長野さんは柔の優しさであるところが、まさに夫婦。

実は今まであまり長野さんについて詳しくなかった。メンバーも言うが、ミステリアスな感じがあるので、グルメ以外のイメージを持っていなかった。だから最近長野さんに注目して雑誌記事を読み返したのだが、その時「長野さんってV6の中で一番顔整ってるんじゃない⁉︎」と思い至った。非の打ち所がない、とでも言うべきか、端正そのものだ。

そしてその端正な顔からたまに飛び出す毒舌もいい。私の主観として、毒舌が似合うのはいかにもキツそうな人よりも長野さんのように穏やかな人というイメージがある。柔和さだけでないところがいいのかな?よく分からないけれど、とにかく長野さんの毒舌が出るとよっしゃ、と思う。


…しかし、あんなに品行方正そうなジュニア時代にどうしてセカンドバッグマサと仲良しになれたんだろうか?漫画の設定みたいだ。


長野さんの声を聴くなら、の曲


HONEY


トニセンの曲で、20周年コンサートでもやっていた。「そんな俺のワガママを」という部分のソロが大好きだ。見た目からして一人称が僕の長野さんが俺って言うだけでギャップがいい。


旅立ちの翼 ROCK Version 


岡田さんと歌っている。元曲はポップなのだが、それをアレンジしたカップリングのうちの一曲だ。中央アジアみたいな前奏も素敵だ。長野さんはふんわり甘い声なのに、頑張ってロックらしくしているところがなんとも言えない。


結論。長野さんに関して私のツボポイントは「ギャップ」だ!

6回に分けて、メンバー1人ひとりについて語る回 第1回 坂本昌行

坂本さんはデビュー当時24歳だった。いきなりひとまわり離れたガキンチョ(=カミセン)たちを任せられ、背負い込んで頑張りすぎて空回り。カミセンにもやや疎まれていたが、今はV6のお父さんとして時にイジられるも、その根底には敬意がうかがえる。

いきなり集められた6人をまとめるのはさぞかし大変だったことだろう。本人も語っているが、彼は末っ子だったため、リーダー的存在が得意ではなかったらしい。けれど、坂本さんが指導したカミセン3人は、外で賞賛される人間になった。坂本さんがまとめ上げたV6は、20周年には先輩、後輩からたくさんの祝福を受けるグループになった。坂本さんは決してリーダーに不向きな人間ではない。

カミセンはよく、「昔、坂本くんは厳しかった」とテレビで言うが、それはもう不満ではないことが明白だ。むしろ坂本さんへの感謝さえ感じられる。


ミュージカルといえばマサ。歌のうまさは折り紙付きだ。坂本さんの声は、とにかくビブラートがすごい。本人はポップスの歌唱法ではないんだけど、と述べていたが、坂本さんのミュージカル調の声があることによってV6として歌える曲の幅は広くなっているのだろう。V6のお父さんという立場同様、歌においても主軸となり他5人を支える大黒柱だ。


以下、坂本さんの声を聞くなら、の曲


shelter…言わずもがなのマサ代表曲。坂本さんはバラードに強いイメージだけど、これはハードめで、声のかすれ具合がいい。


kEEP oN. …私は坂本さんの舞台を見たことはないが、きっとこんな風に生き生きとしているんだろうな、と思える。これは曲をじっくり聴くことと、TVやMVなどのビジュアルを見ることの両方をお勧めしたい。



今後、別の記事もはさみながら6人分制覇していく予定です。

学生の、学生による、学生のためのV6学生応援歌


V6の代表的なバラエティーに「学校へ行こう」がある。11年間放送され、昨年特番として復活もした。私が小学生の時に終了してしまったのでリアルタイムで当時見たことはなかったが、2015年版は見ることができたし、過去の放送もいくつか見た。

まず心に浮かんだ感想は「当時の学生、羨ましい」だった。こんなに学生に焦点を当てた番組は、今はないだろう。

TOKIOがアウトドア派アイドルなら、V6は学生派アイドルと言っても過言ではないと思う。

そんなV6を、私は学生という立場から応援できることがとても嬉しい。


私なりに、V6のオススメ学生応援ソングをまとめてみた。私が勝手に学生応援と解釈しているものもあるので、あしからず。


シングル編


HONEY BEAT…受験生応援ソングの代表。PVではV6が学生服を着て踊っている。私はテスト前、必ずこれを聴いている。


over…カミセンのドラマ「pu-pu-pu-」の主題歌。このドラマは大学受験に失敗した3人(カミセン)がやりたいことを見つけていく物語だ。夢を見つけられなかったり、思うように物事がうまくいかなかったり…と、学生なら絶対に共感できるところがあると思う。本当に良いドラマだ。ちょっと落ち込んだり、進路に悩んだりする時にオススメ。


太陽の当たる場所…本当に自分の進路が正しいのか?と悩んだ時、頑張らなきゃいけないのは分かってるのに中々頑張れない時に聴きたい曲。学生の応援歌であるのはもちろん、昔学生だった人が聴いても、きっと良い曲だと思ってくれるだろう。今の6人が歌うことでそれがよく分かる。20周年ライブでの映像も良い。


Feel Your Breeze…「いつか想像してた未来と今が少し違っていたって」という歌詞が心に沁みる。夢が思い通りにならないこともある。夢は、それに向かって努力できることが大切なんだ、と思わせてくれ一曲だ。


アルバム・カップリング編


catch…早稲アカCMソングなので、良い意味でもろに受験生応援歌である。歌詞も聴くとスッと頭に入ってくる感じだ。HONEY BEAT同様、私のテスト前ソングでもある。


Rainbow…2007年のコンサートでは6人が客席近くに行き、七色の巨大なリボンのようなものを天井まで届かせるという演出で、ビジュアルにも良い。


蜃気楼…学生に勉強は付き物。勉強に順位は付き物。数字ではっきり出てくるからこそ落ち込むことも多い。そんな時にそっと背中を押してくれるのがこの曲だ。


やってやろうぜBaby…勉強、恋愛…何でも、若さの限りがむしゃらにやってみよう、という気分になる。間奏が洋楽みたいでかっこいい。


トニカミ編


スタートライン…これを歌っていたトニセンはすでに30代だが、違和感なく歌詞が伝わるのはトニセンのどこまでも伸びていく素直な声色だからだろうか。晴れやかな気分にさせてくれる。スキマスイッチ大橋さんの提供曲だ。


INNOCENCE…トニセンは、こういうミディアムテンポで声がよく伸び、懐古的な雰囲気を持つ曲を歌うと素晴らしいと思う。これは、もしかしたら現学生より元学生の人の方がグッと来るものがあるのかもしれない。


ファイト…2009年のカミコンのラストの曲でもある。カミセン3人も思いを込めてくれたのが伺える。勉強だけでなく、何かで落ち込んだ時はぜひ聞いてみてほしい。


BREAKTHROUGH…カミセン曲特有のキャラメルボイス感は薄いが、それが曲調に合っている。初夏のような清々しい気持ちになる。


私がよく聴く学生応援ソングはこんな感じだ。でも、V6にはもっとたくさん、良い曲がある。きっと皆さんそれぞれにとっての曲があるのだと思う。

もしここに載っているもの以外で学生応援ソングがあればコメントにて教えて頂けると嬉しいです。